並木病院
トップページ ご挨拶 診療案内・医療機器 入院案内 健康診断案内 看護部のご案内 交通のご案内
看護部のご案内
■並木病院看護部理念・基本方針
看護部理念 《心安まる優しい看護を提供します》
看護部基本方針
  • 日進月歩変化する医療に対応できるように、医師および他職種と協働し質の高い看護を提供する。
  • 医療チームの一員として、よりよい人間関係を構築し専門職としての役割を担う。
  • 主体的に自己研鑚し、人間性豊かであたたかく、かつ科学的、論理的判断力を身につける。
並木病院の看護職員1人1人が大切な存在
◎並木病院は看護学生の受け入れ施設になっています。(2校受け入れ中)
■看護部長 ご挨拶
看護部長  認定看護管理者   高野 紀子
看護部長写真  当院は一般病棟と療養病棟合わせての複合型180床、地域密着型の在宅療養支援病院です。
 これからの超高齢社会を見据えて、国は地域のどこにいても安心・安全で切れ目のない医療が受け られる地域包括ケアシステムを構築中です。これを可能にするための看護提供体制の構築、充実が我々 に求められています。具体的には看護職員が地域住民の健康寿命の延伸や地域で提供できる医療の質の向上 (入院医療の充実、入院から在宅への復帰支援、在宅医療の充実)に貢献することであると思います。
 このことから、当院では地域との連携を重視しています。地域の皆様のヘルスケア向上のため、看護部に教育委員会を置いて、多職種協働の学習会を実施しております。  また、入院してから家に戻るまでを切れ目なく支えられるように、退院調整看護師を置き、法人グループ内外を問わず、多施設、多職種との 連携を進めています。さらに、院内看護職員の教育では、クリニカルラダーと目標管理を導入し、技術レベルの向上やキャリア支援を行っています。
 当院で働く看護職員が、常に患者さまやご家族に寄り添い、質の高い看護を提供できるように指導、研鑽して参ります。看護部の理念である「心安まる優しい看護を提供します」を実践し、地域の皆様から信頼される病院として参ります。

平成30年度看護部目標

病院理念≪安心で心休まる、安全で質の高い患者様本位の医療を提供する・利他の実践≫
看護部理念≪心安まる優しい看護を提供します≫
看護部基本方針
  1.日進月歩変化する医療に対応できるように、医師および他職種と協働し質の高い看護を
   提供する。
  2.医療チームの一員として、よりよい人間関係を構築し専門職としての役割を担う。
  3.主体的に自己研鑚し、人間性豊かであたたかく、かつ科学的、論理的判断力を身に
   つける。

病院理念・看護部理念の目的と昨年度の課題を踏まえての目標
  1. 病床機能変換に伴って各病棟運営がスムーズにできる。

    ①体制づくりのための運営会議を毎月(看護管理者会議など)行う。

    ア 人・物・資金・情報などを話し合う。
    イ 会議で各看護部所属長が課題を出し合い、対策を講じる。
    ウ 所属長会議で各所属長に病棟運営の課題と対策を提案もしくは実行した内容を
      報告する。
    ②医師・看護管理者・退院調整看護師・退院調整リンクナース・MSW等の連携により、地域包括ケア病床患者の在宅復帰率70%以上を維持できる。

    ③医師・看護管理者・医事課・MSW等と連携し、地域包括ケア病床患者の「重症度、医療・看護必要度T」を10%以上維持できる。

    ④医師・看護管理者・医事課・MSW等と連携し、一般病棟の「重症度、医療・看護必要度T」を21%以上維持できる。

    ⑤医師・看護管理者・退院調整看護師・退院調整リンクナース・MSW等の連携により、地域包括ケア病床患者の平均在院日数を毎月60日以内にすることができる。

    ⑥医師・看護管理者・退院調整看護師と退院調整リンクナース・MSW等の連携により、療養病棟患者の在宅復帰率50%以上を維持できる。
  2. 認知症を併存している患者に質の高い看護ケアが提供できる。
    ①認知症患者に適切な看護ができる研修に各病棟2名以上参加することができる。
    ②認知症を併存している患者及び家族等に倫理綱領を踏まえて対応することができる。 ③認知症を併存している患者の情報を早期に捉え看護計画に反映できる。 ④認知症を併存している患者の看護計画を評価し、次に活かすことができる。
  3. 入退院支援室・入院相談窓口の開設をおこない診療報酬に反映できる。
    ①看護管理者会議で看護師長及び担当者に入退院支援に必要な教育ができる。
    ②看護部および担当者と診療報酬上必要な書式を作成できる。
    ③書式作成後、9月までに入退院支援・入院相談窓口が開設できる。
  4. 看護要員欠員時は効率的・効果的にリリーフ体制を100%活用することができる。
  5. 災害時に迅速な対応ができる。
    ①各部署夜間を想定した災害訓練を2回以上実施することができる
    ②各部署日中の災害訓練を3回以上実施することができる。
  6. 教育委員を中心として地域のヘルスケア教育を定着することができる。
    ①地域の住民を対象にヘルスケア教育を年5回以上実施できる。
    ②教育委員全員が講師を1回以上務めることができる。
    ③受講者のアンケート調査で80%以上良い評価を受けることができる。
  7. * 看護部教育委員会の目標参照
  8. 電子カルテ導入に向けての体制がとれる(電子カルテ導入が決定次第実施)。
    ①電子カルテ導入ワーキンググループ会議を月1回実施できる。
    ②電子カルテ導入ワーキンググループ会議で課題を抽出することができる。
    ③課題の対策を立案し、電子カルテが導入できる。
■平成30年度 看護部研修(クリニカルラダー別)
看護職員 >
レベルT 概要 ←(クリックすると別ページで表示します)
レベルU 概要
レベルV 概要
レベルW 概要
レベルX 概要
↑クリックするとPDFページが開きます。

■平成30年度看護部教育委員会目標
 看護部教育委員長

  看護部教育委員会の目的
   ≪看護の専門性を高め、地域及び組織の看護サービスの質の向上に資すること≫

 目標
  1.看護職員がクリニカルラダーに沿った研修を受けることができるように支援する。
  2.看護要員が認知症を併存している疾患患者の看護実践ができるように支援する。
  3.「並木健康くらぶ」講習会を継続することができる。
    @ 健康日本21(第2次)から「並木健康くらぶ」講習会テーマを選定することができる。
    A 「並木健康くらぶ」講習会に毎回地域住民10人以上が参加することができる。
    B 「並木健康くらぶ」講習会を多職種で実施できる。


並木病院